「つちかた君」の FAQ             

計算実行すると「実行エラー13型が一致しません」と出てきます!!
対処方法を教えてください!!
001
エラー型が一致しない コード 13 は
 
測点、追加距離、X座標、Y座標、半径R、パラメーターA1、パラメーターA2のセルに半角数字以外の文字を入れた場合、に 13番のエラーが発生します。特に 測点のセル D10以降のセルは 書式の設定により No.が自動的に付きます。 従って No.4 であれば 4 だけ入力すれば 表示はNo.4となります。 10以降のセルも同じように 自動で + が付くように書式を設定しています。ですから、 例として BPが  No.4+11.701 から 始まる時はD10のセルに 4をE10のセルに 11.701 を 入力して下さい。 表示は 自動的に No.4+11.701 となります。  
No. に マイナス − を付けても問題ありません。 同じように プラス点 + に マイナス − をつけても構いません。 
もう一度 入力データの チェックを確認して下さい。数字以外の文字が入力されると 文字が左端に寄ります。測点のプラス点入力セルは 最初から左端に寄っていますので見分けにくいのでご注意して下さい。
 
特殊なケースなのですが、NO.0とBC1のセンター座標はおなじなのですが、方向杭の座標が違います、データは下図の通りです。
002

 幅杭計算の結果が BP と BC1で 違う結果が出るとのご指摘ですが
プログラム上で不都合が発生していました。 申し訳ございませんでした。 
一応 BP(始点)とBC(単曲線) 又は KA1-(クロソイド曲線) が 同一点の場合は BPの幅杭が 正しい結果となります。  
プログラムの修正にもうしばらく掛かります。 出来次第修正版を送ります。 ご迷惑ですが、もうしばらくお待ちください。  
コンピューターの計算では BC点は 手で入力した数値ですが、 BC1は計算で求めた数値を使います。 本来、BP点とBC1は 同じ数値でありますが、 2進法の計算ではBC1の少数点6桁以下で正しい計算値が得られません。 そのため、 コンピューターはBPとBC1とは 違う点と判断します。 従来の線形計算ソフトはこの違いを修正せずにそのまま計算結果として 表示しているものが非常に多いのが実情です。 この場合BPとBC1が 逆転して BC1 の次に BP が来ることもありますが 1/100ミリ以下の誤差ですので、実際には気が付かないことが多いです。 
「つちかた君」 はこのような同点の誤差を修正するようプログラムを含んでいます。この一部で不都合が見つかりました。 ただいま同じような不都合が無いかチェックを行っています。 
「つちかた君」 は 小さなプログラムではありますが、高価なプログラムに負けない細かな配慮を随所に盛り込んだしたプログラムです。 今後とも、改良を重ねより良いものにしていくつもりです。
 
  
 FAQ002で指摘された不具合を修正し、非対象型クロソイド計算を追加した改良版を Ver1.07a として登録しました。旧版をご利用の方は、お手数ですが、再ダウンロードお願いします。 
 次のように(−)データを入れると、とんでもない数値がでるのですが?

点名   X座標     Y座標
KA1-1  -63717.685   -33348.222
KE1-1  -63757.288   -33341.289
KE1-2  -63787.786   -33355.679
KA1-2  -63807.617   -33390.653

003

 ご質問の マイナスの座標系の計算ですが「つちかた君」は理論上、マイナス、プラスを問わず計算します。しかしながら、普段めったにマイナスの座標系の計算を行わないので念のため計算してみました。ご質問のクロソイド座標では 線形要素の情報がいただけなかったため,こちらで現況に近い線形要素を仮定して計算をさせて見ました。結果は以下のとおりです。

 BC(計算に始まりの点) X=63680.098 Y=33360.421

  IP1               X=63782.602 Y=33327.153

   EC(計算の終わりの点)  X=63826.697 Y=33439.773 

 この3点を仮定してクロソイド曲線要素をR=50.0m パラメータ=45.0m と仮定して計算しました。


上のデーター入力と計算結果は質問でいただいた、クロソイド座標とほぼ近い座標値になっていると思います。

点名  X座標    Y座標
KA1-1  -63717.685   -33348.222
KE1-1  -63757.288   -33341.289
KE1-2  -63787.786   -33355.679
KA1-2  -63807.617   -33390.653

お手元のIP座標データーとクロソイド要素で計算を確認していただければ正しい結果が得られると思います。

尚、 線形計算プログラムによってはKA1-1の少数点以下の数字があやふやなことがあり,始点としてKA1-1を選びますと始点より手前の正しいKA1-1がくることがあります。なるべく始点はKA1-1より手前の直線上のNO.点などにしたほうが無難です。

Office XPでファイルを開くと、エラーが出てしまいます。
004 Office XPで動作させたところ、動作不良が確認されました。
XPには今までのExcel とは異なるマクロコマンドがある模様です。 XP に対応してマクロを修正し、
つちかた君Ver2.0XP.xls として、バージョンアップしています。 ダウンロードしてお使い下さい。
なお、従来のExcel (Office2000)をご使用の方も、新しいバージョンでの動作は確認しています。
このページ゙は 2002/3/18 現在のものです、 最新の情報は
 http://www.prompt.jp/products/ をアクセスしてください。