ようこそ!パソコン、インターネットのことならプロンプトへ

エバーノート

EVERNOTE エバーノート

  • チャッチフレーズは "Remember everything" (すべてを記憶する)
    です。チャッチフレーズの通り、メモや画像、書類や Web クリップ、音声ノートまで、多様な情報を入力し検索することが出来ます。
  • データはクラウドで保存されるため、デスクを離れても、iPADやスマートフォンを持っていれば、EVERNOTEで見たり、聞いたり、書き込んだり出来るのです。
  • クラウドで保存できる情報量は無料のEVERNOTEでは、制限がありますが、大量の情報を保存したければ、有料のサービスもあります。当面は無料のものでも十分でしょう。
  • 筆者は事務所でデスクトップPC2台、ノートPC1台、自宅でデスクトップPC1台、移動時(軽自動車)にノートPC、iPADで、日本中どこにいても同じデータを見ることが出来るようになりました。

EVERNOTE のサイト

  • 詳しい内容やダウンロードは こちら で

ダウンロードの仕方

 http://evernote.com/intl/jp/ にアクセスして、下図の [無料ダウンロード]をクリックしますと、ダウンロードが始まります。
画像の説明
 画面によっては、下図のように表示されるかも知れません。この場合も[無料ダウンロード]をクリックします。

画像の説明

 ダウンロードが始まり、下図のように表示されます。

画像の説明

 ダウンロードの経過表示です。

画像の説明

インストールの仕方

 ダウンロードが完了すると、下図のようなファイルが出来ているでしょう。このファイルは、実行ファイルですが、インストーラですので、これをダブルクリックします。

画像の説明

 クリックすると、下図のようにセキュリティ警告が出ますので、[実行] ボタンをクリックします。

画像の説明

 エンドユーザー使用許諾のWindowが開きますので、これを確認して、ソフトウェアライセンス条項に同意にチェックを入れ、[インストール]
ボタンをクリックします。

画像の説明

 インストールが始まり、終了すると下の画面になります。
[終了ボタン]をクリックします。
   
画像の説明

 アカウント登録画面になります。
無料アカウントで登録します。メールアドレス。ユーザー名パスワードを入力します。全て半角英数字で入力します。忘れないように必ずメモを取っておきましょう。、

画像の説明

 すべて完了すると、下の場面になります。
先ほど入力したユーザー名とパスワードを入力すると、
EverNoteが起動し、使用できるようになります。
2度目以降は、同じパソコンを使うのであれば、この画面は出なくてすぐにEverNoteは起動します。

画像の説明

データの管理について

  • 使い始めて1ケ月余り、今ではなくてはならないソフトになりました。最近に一番メインに使っていたパソコンがダウンし、ハードディスクを交換する羽目になったのですが、大切なデータをこのEverNOTEに蓄積していたので、助かりました。
  • ここのデータはEverNOTEですが、その他に表計算や文書ファイル、データベースファイルは、ネットワーク上のファイルサーバー上に保存していますので、個々のパソコンには重要なデータは持っていないのです。
  • ただ、それらのデーターがなくなると大変ですから、念のために、そのバックアップをパソコンにも保存しています。いわゆるデーターの2重化です。

EverNOTEの使い方のポイント

  • EverNOTEの使い方は簡単で、特に説明を要することは内でしょう。
    立ち上げると、下のような画面になります。
    一番のポイントは、ノートの分類でしょうか。
    私は、したの画面のように12個のジャンルに分けています。
    000 何でも入力から アーカイブまでです。
  • ジャンルの題目の間に3桁の数字を置いているのがミソです。
    この数字を前に置くことで、リストの順番が出来ます。これをしないと、文字コード順の何でしまい、何がなんだか分からなくなり、混乱します。

画像の説明

  • また、それぞれの下に下位のノートをいくつか作るときにも、便利です。丁度、Windowsの階層かされたフォルダーのようにわかりやすいデータ構造にする事が出来るのです。
  • たとえば、700 ホームページの下に8個のサブノートを作っていますが、その名前の前に710 ****, 720 ***** とかの名前を付けています。
    こうすることで、名前の変更、順番の変更や管理がし易いのです。

画像の説明

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional